なぜビットコイン取引手数料は低下したか?

ビットコインネットワークの平均トランザクション手数料は、6カ月ぶりの低水準である日曜日に0.79ドルまで下がった。これは、12月23日に達したピーク34ドルから​​97パーセントの劇的な減少を示している。毎日の平均ビットコイン取引手数料は、12月中旬から1月中旬にかけて10ドル以上だったが、それ以来着実に減少している。

Via BitinfoChart

Bitcoinは、同期して動作する数千台のコンピュータを必要とするソフトウェア。このネットワークが一定期間のうちに処理できるデータの量に制限があり、ユーザーは混雑時にトランザクションを取得するために追加の料金を支払う必要がある。しかし、現在はこのような混雑が見られない。

Blockchain Info

ビットコインネットワークの平均トランザクション手数料は、6カ月ぶりの低水準である日曜日に0.79ドルまで下がった。これは、12月23日に達したピーク34ドルから​​97パーセントの劇的な減少を示している。毎日の平均ビットコイン取引手数料は、12月中旬から1月中旬にかけて10ドル以上でしたが、それ以来着実に減少した。

疑問は手数料が低いままを保つか、一時的な下落に過ぎないかだ。ビットコイン開発者はビットコインの取引量を犠牲にしないで拡大し続けることができる新しい技術を実装しようとし続けている。

なぜ下がったのか?

たとえば、ひとつのトランザクションのなかに多数の異なる送金をまとめることは技術的に可能。これにより、より多くの支払いがブロックチェーンのより少ないスペースに効率的にパックされる。手数料が低いときは、取引所や支払い業者のようなサードパーティ企業はこの種の最適化を気にしなかった。

手数料が上がるにつれてサードパーティ企業は最適化の重要性に気が付いた。結果として、ひとつの取引あたりの出力は最近数週間で増加しており、混雑を緩和するのに役立っている。

同時に、高い手数料と遅い取引実行は、一部の企業がビットコインの活用を断念するのを促した。Stripeは年初にビットコインの支払いを停止した。ライトコイン、Ethereum、Bitcoin Cashなどの他のブロックチェーンネットワークに移行した企業もある。

同時にビットコインの投機的なバブルは、ここ数週間で冷めており、これも同様に手数料を押し下げている可能性がある。ビットコインの価格は12月のピーク(19,500ドル)以来劇的に下がっている。それは今月初めに6,000ドルの最低値に達し、現在も10000ドルのレンジで揉み合っている。年末年初は取引所間のアービトラージが盛んに行われているようであり、それが取引所間の送金を増やした。

ちなみに取引量が大きいbitFlyer LightningのBTC価格は世界的な参考価格の地位を獲得しており、今回の暴落に関しても価格を落とすための動きがbitFlyer Lightningであったと考えられるかもしれない。ここまで法定通貨建ての価格操縦が用意なのはユーザーにとって危険だと考えられる。

セグウィット: Segregated Witness

大きな疑問はビットコインネットワークの使用が増え続けるとどうなるか。”所与の条件”としてコーディングされたブロックサイズの制限により、ビットコインネットワークが1秒あたりに処理できるトランザクション数が制限される。この制約の中で、ブロックの中で取引データと署名を分離するSegWit(Segregated Witness)を活用することにした。分離された署名はブロックサイズの1MG制限に含まれなかったので、事実上のブロックサイズの増加を行ったと言える。

課題はビットコインソフトウェアを変更して、より効率的な新しい取引フォーマットに移行しなければならないことだった。必要な変更を実施するには時間がかかり、あるいは戦略的な観点からわざと時間をとっている風もあり、開発者側が期待していたよりもプロセスが遅延している。アクティベーションが開始されてから6ヵ月後でもBitcoinトランザクションの約14%のみがSegWitのもので、それ以外は従来型のプラクティスが続けられている。

Via SegwitChart

しかし、今月CoinbaseとBitfinexがSegWitのインテグレーションを完了。この統合により、取引の”可鍛性(malleability)”あるいは柔軟性が生まれ、ライトニングネットーワークを導入しやすい環境が生まれる。昨年末の手数料の高騰で収益を拡大した大手の取引所は、今後はライトニングネットワークを提供するサードパーティ送金業として事業構築を目指している。日本でもbitFlyerとBitbankはすでにSegWitをインテグレートしている。

【ビットコイン】ライトニングネットワークとは何か? なぜ「速くて安い」のか?

SegWitの有無と、ライトニングネットワークへの対応は、エコシステム内の企業にとりとても戦略的な技術要件になるだろう。理論的には、ライトニングはビットコインネットワークの実用的な能力を大幅に拡張することができる。ただし、それが嬉しい人とそうでない人がいる。

結論: 膠着か雪崩か?

ライトニングはSegWitと同じ課題に直面する可能性がある。ネットワークが正式に立ち上げられた後でさえ、それが広く採用されるには数年ではないにしても数カ月かかるということだ。今後の数ヶ月、ビットコイン価格がどう推移するかを見たほうがいいかもしれない。また、他の通貨との相対的な力関係も重要でしょう。他の通貨がビットコインの領域を侵食しようとするとき、ステークホルダーは前進に強い意欲を示して来た。さまざまな要因がステークホルダーの行動にどのような影響をあたえるのか、とても興味深いところだ。

参考

 


Also published on Medium.

コメントを残す