ブロックチェーンに基づいた不動産は可能か? 不動産がすぐにトークン経済とうまく統合するか?

このような問が常に立ち上がる中、不動産を分散型データベースによりトークン化し、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で買い手を募るという仕組みは依然としてブロックチェーン界隈で挑戦されています。

発行者が想定している将来のものです。このようにして、トークンにより不動産業者が「共同所有」と呼んでいるものを表現することができます。不動産所有者が自宅を分割してその持分を売却することも可能になります。

少なくとも4プロジェクト

住宅所有者は資金が必要な場合に住宅の所有権の一部を売ることができるだけでなく、家が売却されるまでの間、持分を自由に取引することができ、その時点で住宅所有者と株主はどちらも住宅が生み出す価値を享受します。

これは注目すべきトレンドです。暗号通貨取引所で取引されるのはデジタル資産ですが、不動産という最も「固定されたもの」にトークンモデルが可能かどうかの実験です。実際には不動産関連のプロジェクトでICOを行うのが4つあります。

BitRentは、建設プロジェクトの資金調達をスピードアップする方法を提供します。 Ethertyは所有家の証券化による不動産管理。Caviarは不動産プロジェクトへのローンを暗号投資で行い、そのボラティリティを調整するためのファンドです。Trustは、不動産やその他の現実の資産の持分をトークン化する手段を提供します。

伝統アセットに流動性

不動産の株式売却の概念は何も新しいものではありません。不動産投資信託(REIT)は不動産を所有し、管理し、投資家が少額で少ない持ち分を購入できるようにします。パブリックブロックチェーンを利用すれば、このプラクティスはより効率的かつ安価になると、ICOを行う起業からは喧伝するのです。

Coindeskによると、Apex Token FundのアナリストScott Hochは「伝統的な資産をトークン化することで、新たな流動性が生まれる。この流動性により市場の変化に伴いポートフォリオのバランスを整えることが迅速かつ容易になる」と説明します。「暗号化市場と無関係の資産をトークン化することで、これらの投資家はブロックチェーンのエコシステムを離れずに、より迅速に投資対象の多様化を達成することができる」。

法的障壁

不動産に関する法律は非常に複雑です。米国では、それぞれの州が投機保持を別々に扱っています。発展途上国では、土地所有権の推移を追跡することはほとんどできません。

そもそもトークン化を合法化する必要がありますが、規制側にもそれ相応の対応の時間が必要ですし、そもそもその石があるかどうかはわかりません。

参考

ethernity

Atlant

Caviar – The crypto and the blockchain become more demandable in the market

Real Estate ICOs Are Moving In, But Investors Aren’t Floored

投稿者: Takushi Yoshida

起業家&デジタルビジネスアナリスト。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。ジャカルタで政治経済記者。APEC、ASEAN首脳会議でTPP、ASEAN+3などの地域経済統合をリサーチ。帰国後、米デジタルマーケティングメディアDIGIDAY[日本版]立上げ参画。2017年10月テックビジネス戦略メディアAxionを創業。

コメントを残す