【初心者ガイド】トークンエコノミーとは何か

定義

トークン(token) :価値の表すものであり媒体であり、その流通によってトークン毎に独自の経済圏を生み出します。Bitcoin (BTC) や Litecoin (LTC) などの暗号通貨、あるいは Ethereum 上で発行された GnosisのGNO や Augur の REP まで、これらは全てデジタルトークンです。

経済:希少資源の配分。歴史的には、様々な経済システムが成功と失敗を繰り返してきました。

トークンエコノミー:純粋に需要と供給で行われるが、トークンで円滑化または実行される、市場経済に酷似した経済システム

トークンエコノミー

種類の異なるトークン同士の交換を通して、トークンの経済圏は相互に関係し融合する複雑な構造に到達します。様々なトークンが織り成す価値ののことを、“Token Economy” や “Internet of Value” と呼ぶことが一般的です。

背景

経済システムは長年にわたり発展してきましたが、完全に機能するモデルを生み出したわけではありません。歴史的には新しいシステムをテストする一般的な方法は、集中化された構造を使用することでした。集中化されたシステムでは、明確に階層化された権限の運用を通じて、ルールの作成と適用が容易になります。

しかし、長期的には、これらのシステムが悪用されることに対して脆弱なため、分散システムの進化は避けられません。価値の事前配分を可能にするトークンセール、正しいインセンティブが付与されたオープンソース開発がもたらすネットワーク効果、ブロックチェーンの変革技術に基づいて、トークンエコノミーはすでに世界に広がっています。

分散型アプリケーションの貢献

分散型アプリケーション(Dapps)はトークン経済の重要なコンポーネントです。プロトコルに基いて設計されたDappsは互換性があります。Dappsは分散型スーパーコンピュータ、分散型予測市場、分散型コンテンツ流通等のさまざまなサービスとその周囲に経済圏を形成します。そして主にその利用権の付与という形で、様々なトークンを創造し市場に提供します。ユーザーはトークンの購入による利用権の獲得によりDappsに投資することが可能になります。

暗号経済学The Crypto-Economy

The Crypto-Economyは地理条件、政治的構造、法制に定義づけられた経済システムではなく、むしろ、信頼された第三者の代わりに暗号学の技法で人々の行動に制約を与えるそれだ(babitt and Dietz, 2014)。新しい経済学の領域は分散化されたデジタル経済のなかで、物品サービスの生産、流通、消費を治めるための公式な規律として定義される暗号経済学(Crypto-Economics)の台頭とともに顕在化した。暗号経済学はプロトコルの性質づけとデザインに収斂する実用的な科学である。

Research Handbook on Digital Transformationsより

最後に…

新しい経済へようこそ!

参考

The Path to the Token Economy

Token Economy 101, or why Blockchain-powered decentralized networks are important

tokeneconomy

コメントを残す