2025年2000億ドル予測据え置き:Google & Temasek東南アジアeEconomy調査

GoogleとTemasekが12日に公表した東南アジアのインターネット経済に関する共同レポート「e-Conomy SEA Spotlight 2017」は、東南アジアのインターネットエコノミーは2025年に2000億ドル規模に達すると予測している。昨年のレポートから予測値を変えていない。昨年のインターネットエコノミーは308億ドルから今年は495億ドルと50%近い成長を遂げている。

レポートはGoogleと東南アジア金融のハブであるシンガポール政府系投資企業Temasekが共同で行うもので、同地域に関するさまざまな統計がノイズを気にしないと行けないものである中で、とても信頼性が高いものだ。本文中のテーブルのすべてはレポートから抜粋した。

  • 3億3000万人のインターネットユーザー。2015年から7000万人以上の新規ユーザーを獲得。東南アジアは現在、世界全体で3番目の規模のインターネットユーザーを抱える。
  • 1日あたり3.6時間、モバイルインターネットを利用。東南アジアの人々は、世界の他の誰よりも、モバイルインターネットにもっと多くの時間を費やしている。タイは1日当たり4.2時間、インドネシアは1日3.9時間で2位。これに対して米国はモバイルインターネットで1日2時間、英国1日1.8時間、日本1時間を過ごす。
  • 毎月140分のオンラインショッピング。東南アジアの人々は、電子商取引市場でアメリカ人の2倍の時間を費やす。この地域には、2025年までに881億ドルの電子商取引市場がある。
  • 毎日600万ライドがライドシェアプラットフォームで予約される。東南アジアでは、ライドシェア市場は2015年から4倍に拡大し、2025年には201億ドルになると予測されている。
  • 2016年以来、東南アジアの新興企業は120億ドル以上を資金調達。東南アジアの新興企業への投資額は、GDPの0.18%で、インドと同程度であり、東南アジアの巨大なインターネットの可能性への投票ととることができる。

米国、中国と比較するとベンチャーキャピタルのGDP比はまだ成長余地があるかもしれない。2016年以降地域に注がれたベンチャーキャピタル120億ドルの多くは「ユニコーン」に集中している。今後は裾野への拡大が課題になるかもしれない。

テック人材の不足

またレポートは地域出身のテック人材が不足している点を懸念している。特にシニアエンジニアレベルは本当に不足しているという。これはGrabやGo-Jekがトップ・エンジニアタレントが集結する中国、インド、米国というハイテク・ハブを開設することを促した。一例として、Grabはシンガポール、北京、シアトルのR&Dセンターでの研修の機会を通じて、アジアのエンジニアに世界的に競争力のある技術を持つことを支援している。

コメントを残す