シェアエコを分散化するブロックチェーン Origin Protocol

サンフランシスコベースのスタートアップOriginは、開発者が非中央集権的なマーケットプレイスを構築できるようにするプロトコルを開発しています。そのThe Originプロトコルは分散型のオープンなWebプラットフォーム上で取引するものです。カーシェアリングやホームシェアリングなどのサービスのバイヤーとセラーのためのオープンソースブロックチェーンプロトコルのセットです。

プロトコルを基にしたアプリケーションは、ブロックチェーン上に価格やアベイラビリティ(可用性)などのトランザクションデータを直接格納します。

Ethereumブロックチェーンとインタープラネットファイルシステム(IPFS)を活用して、Originプラットフォームは伝統的な仲介者を使用せずに分散した方法でサービスと商品、予約サービスを作ります。

最近、Originは機能的で完全に分散されたプロトタイプの「Origin Protocol Demo DApp」(DAppは分散型アプリケーションの意)を発売し、Ethereumテストネットワークで生きています。また、いくつかの企業がOriginプラットフォームでさらにアプリケーションを開発することを約束していることも発表しました。

Originのビジョンは、マーケットプレイスが企業という「支配者」ではなく一連のルールによって管理されるようにすることです。 賃借・シェアの中間者を排除し、個人の自由を最大限にし、検閲を減らし、ネットワークの参加者に価値を再分配することです。 早期に市場に参入でき、プロジェクト同士の協力によってネットワーク効果を共有することができるため、Originプロトコル上での構築は、小規模の目的が明確なチームにとって魅力的です。

集権的支配と独占の問題

ライドシェアリングとホームシェアリングの覇者であるUberAirbnbはいまや両者とも数百億ドルの企業価値に達しています。両者のことを「サービスとしての人々(People as a Service)」と形容することもあります。

Via Origin Protocol

消費者はUberAirbnbがタクシーやホテルのような伝統的なサービスよりも早く、より安く、より優れた選択肢であり、洗練された使い易いアプリを通じて提供されていると認識しています。しかし、消費者は分散型P2Pネットワークで個々のプロバイダから直接サービスを購入しているという印象を持っていますが、実際には中央集権的です。UberAirbnbは個々の消費者とプロバイダ間の取引をコントロールするためのインフラストラクチャ、ハブ、プラットフォームを所有しています。

中央集権化により、UberAirbnbは規制措置に対して脆弱になり、両方のサービスがいつでも政府によって閉鎖される可能性があります。料金を受け取る以外にも、このプラットフォームの「所有者」はネットワークと個々の提供者を完全にコントロールしており、しばしば略奪的行為をしていると告発されています。

Originによって提供されたデータによると、UberAirbnbおよびその他の集中化されたシェアリング市場は、2022年までに年間400億ドルのプラットフォーム利用料を獲得する予定であり、シェアリングエコノミー全体は2025年に3350億ドルに達すると予想されています。とある中央集権的なシェアリングサービスはホスティング取引のための30%に上る手数料を取っていると言われます(これでは完全な「中間者」ですね)。

中間者の排除とネットワーク効果

Originは、ブロックチェーン技術に基づいた新しい標準でこれらの中間者を切り出そうと考えています。過剰な取引手数料を排除し、検閲を減らし、価値をコミュニティに還元することを目指しています。

Originアプリケーションはユーザーを共有することができ、すべてのアプリケーションプロバイダーと消費者にとって有益な「ネットワーク効果」を作り出します。

Originエコシステムは、EthereumブロックチェーンのERC20ユーティリティートークンに基づいたOriginトークンよってインセンティブを提供します。 2018年の後半に配布されるOriginトークンは、Originプラットフォーム上のトランザクションに使用される通貨です。しかし、Originチームは、今後のリリースでは、ファット通貨とEthereumとのバイパスをOriginトークンに実装する予定です。

参考

コメントを残す