2008年に設立された有名なラッパー・プロデューサーのJay Zのエンターテイメント会社Roc Nationは、金融サービス企業Robinhood(ロビンフッド)の暗号通貨取引所に投資しました。

Robinhoodは低手数料の取引所開設を予定しており、Coinbaseの高い手数料に不満のあるユーザーから期待を受けています。

Robinhoodは既に提供する証券サービスで低い手数料を実現しています。300万人以上のユーザーがおり、13億ドル相当の価値があります。昨年、同社は証券市場のアナリティクスツール、手数料無料のオプション取引を完備したRobinhood for Webをリリース。先週、同社はRobinhoodプラットフォームにBitcoinEtherの手数料無料取引を追加する「Robinhood Crypto」を発表。同社はApple Design AwardGoogle Material Design Awardの両方を受賞しています。

伝統的な金融市場の顧客が流入

Robinhoodの顧客基盤の大部分は株、ETF、コモディティの伝統的金融市場ものであり、cryptocurrency市場へのRobinhoodの参入は、グローバル暗号通貨コミュニティによって非常に期待されています。 Robinhood Cryptoのリリースは、Robinhoodプラットフォームの既存の何百万人ものユーザーを、暗号通貨に新しい資産階層を呼び込むことが期待されています。

さらに重要なのは、Robinhood Cryptoはウェイティングリストに100万人以上のユーザーを追加したが、CoinbaseBinanceの既存の顧客がRobinhood Cryptoに流入する可能性があることです。

時価総額10億ドル以上の企業が暗号通貨に進出することは、業界にとってとてもポジティブなニュースでしょう。新興取引所が、先行する既存取引所に取って代わる機会が依然として大きいことは、暗号通貨市場のほとんどの企業は、ユーザー活動、市場評価、およびスケーラビリティの面でまだ初期段階にあることを示すかもしれません。

参考

Arrive, A Roc Nation Company, Announces Investment In Trading Platform, Robinhood

Reddit

Photo by Pieter-Jannick Dijkstra

投稿者: Takushi Yoshida

起業家&デジタルビジネスアナリスト。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。ジャカルタで政治経済記者。APEC、ASEAN首脳会議でTPP、ASEAN+3などの地域経済統合をリサーチ。帰国後、米デジタルマーケティングメディアDIGIDAY[日本版]立上げ参画。2017年10月テックビジネス戦略メディアAxionを創業。

コメントを残す