バンカメ、暗号通貨とフィンテックをビジネスの脅威とみなす

 

バンカメが暗号通貨を脅威とみなしていることが明らかにされた。だけでなく、同社はフィンテックにも批判的な姿勢だ。同業のJPモルガンはプライベートチェーンを開発し、ゴールドマン・サックスは小売に進出し投資アプリを作っている時代に、バンカメの未来は大丈夫だろうか…。

JPモルガン「ビットコインは詐欺」発言にアオられない方法
南アフリカ中銀がJPモルガンのQuorumに興味
JPモルガンCEOが「ビットコインは詐欺」発言を後悔する背景
ゴールドマン・サックスのエンジニアが従業員25%に到達した理由:今週のデジタルビジネス

バンク・オブ・アメリカ(BoA)は暗号通貨を自社ビジネスの重大なリスクとみなしていることが、同社が証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書によって明らかになりました。

”資金洗浄との関連性”

「Cryptocurrency」は、年次報告書で3回言及されていますが、そのすべてがリスク要因に関する章だった。ひとつめは、米国におけるアンチマネーロンダリング(AML)、ノウユアカスタマー(KYC)、制裁措置、外国の汚職法制等に関する議論の箇所。「暗号通貨などの新興技術は、資金の動きを追跡する能力を制限する可能性がある」と記述されている。

「我々が法を遵守する能力は(資金の動きを)検出し報告する能力を改善することともに、コントロールするプロセスの多様さを減らし、説明責任を果たす能力に依存している」とも記述している。遠回しだが”暗号通貨は資金洗浄等に用いられるため、使うべき手段ではない”とSECに訴えている、ととれる。

”競争上の脅威”

しかし、おそらくより顕著なのは、暗号通貨が銀行に競争上のリスクをもたらすという認識だ。バンク・オブ・アメリカはこう記述する。

「クライアントは暗号通貨のようにの投機的あるいは危険性の高い分野で製品を提供する企業と取引することを選択するかもしれない」

「インターネットサービス、暗号通貨、ペイメントシステムなどの新しい技術の普及は、既存の製品やサービスにそれに伴う変更または適応を求め多額の支出を必要とする可能性がある」とバンクは記述している。新しい金融サービスは、レガシーインフラを改築するコストが高くすると言っている。

バンク・オブ・アメリカは最近、クレジットカードによる暗号通貨の購入を禁止した銀行のひとつ。

参考

Coindesk”Bank of America Now Considers Crypto a Business Risk”

SEC ”Annual Filing by Bank of America Corporation”

Photo by Mike Mozart


Also published on Medium.

コメントを残す