Telegram ICOプリセールで過去最大の16億ドル調達見込み

メッセージング・アプリ、テレグラム(Telegram)はICOプリセールで85,000万ドルを調達したと発表したばかりだが、すぐさま2回目のプリセールを行うと投資家にメールを送っているようだ。The Vergeが報じた。

The Vergeが得た匿名の情報源によると、プリセール第2ラウンドの調達目標を合算すると、16億ドル以上の調達に達する見通し。オープンなICOを行う前に当初目標を達成する可能性が高い。

十分な需要がある場合、テレグラムがより多くのをプライベートな形で資金調達することは理にかなっていると、複数の投資家がThe Vergeに語った。最初のプリセールには投資家が殺到し、セカンダリーマーケットではすでに2倍の価格で取引されているという。

交渉能力の高いICO案件は、大口の投資家に門戸を狭めて、比較的VCからの調達に近い形で法的な安全性を確保するのが最近の傾向。一部のICO案件では依然として詐欺・クラッキング等が起きており、プロジェクトサイドが自身の評判を傷rつけるリスクを低減するためだ。


Also published on Medium.

コメントを残す