About

Welcome to Tech Economy

8425835703 45c93388e1 o by Simon Cockell

私達はテクノロジーが駆動する新しく形作られつつある経済のことを「テックエコノミー」と呼びます。axionはこのテックエコノミーについて予測と検討をするコミュニティです。テックエコノミーはこれまでの経済原則を大きく裏切ります。これをネットワーク接続によりコンピューティングのちからに誰もがアクセス可能になったことに着目してConnected Economy(接続経済)と呼ぶこともできるでしょう。そこではいままでばらばらに動いていたものたちがネットワークのひとつとなることで、強烈なパワーの活用可能性を獲得するのです。

これは人間を力強くエンパワーします。知識と技術へのアクセス可能性が飛躍的に向上しますし、その獲得と活用のコストが格段に低くなることで、ぼくたちはあらゆるものごとに新しいアプローチをする機会を得るのです。

20世紀までに人間が信じていたことの多くが再考を求められるでしょう。人間は一本道しか知りません。もしかしたらもっと異なる知識の生み出し方があり、その活用方法があるかもしれません。

経済もまたあるべき姿を変えるでしょう。資本主義がいつまで続くのかわかりませんが、その終わりは日に日に近づいています。私的所有権は現代でもすでに一部は放棄されていますが、将来的にはより柔軟な使われ方がされるはずであり、もしかしたらなくなっているかもしれません。あらゆる製造物の生産コストは機械の力で下がっていくでしょう。「価値」とは人間の生み出した幻想にすぎませんが、その宗教は新しい経済の形をどう評価するのでしょうか。

われわれはその時々にできうる最高の方法で経済を理解し、それを理想的な姿に構築しようとしてきましたが、世界がネットワークに接続し、多種多様なコンピュティングパワーを利用できるようになっていったとき、それがどんな形をしているのか。わくわくしてきませんか。あなたはそこに向かって進化していくのです。

予測不可性のなかであなたは進化する

1024px-Chaos Theory & Double Pendulum - 1 by Kevin Dooley

コンピューティングの進化があらゆる領域に大きな進歩の機会を与えています。社会の準備が余りにもできていません。20世紀の線形の時代が終わり、ぼくたちは非線形のぐにゃぐにゃした世界にいます。多領域をまたがる技術の進化はハイパーコネクテッドでありもたらされる結果は予測不可能なのです。

機械学習プログラムが囲碁で人間に勝つという事象が、いつの間にかその応用範囲が医療や宇宙開発、核融合発電、遺伝子解析、製造業ロボット、農業等へと伝播していく、そういう時代をぼくたちは生きているのです。

Appleが先達の教訓を活かして生み出したインターネットと電話の融合は、富裕国だけでなくDeveloping Countriesの人たちがコンピュータを使うこと、常時ネットワークに接続されていることを当たり前にしました。

このような変化がこれからもっと高い頻度で広範な範囲に渡り起こるはずです。変化の度合いをどう捉えるかは群衆の主観に依存するはずだけど、CPUの性能上昇が描く単調な曲線とは異なる曲線で、あるいは正規分布から飛び出した予測不能の点として、ぼくたちの認知がうまく反応できない形で、大きな変化がもたらされる可能性は高いのです。

だけど、社会や人間たちはあまりに準備ができていません。アメリカではクレイジーな大統領が暴れ、欧州では極右政党が台頭している。日本でも煽られすぎたナショナリズムや反知性主義が爆発しました。そんな世界がこんな圧倒的な変化をうまく活かすことができるでしょうか。社会と技術の間のギャップを解消しないと人類をあらゆる制約から解放する潜在性が、ポピュリズムのなかにおぼれてしまいます。この余りにも愚かしき人類をどうすればいいのでしょうか?

とてつもない教育効率を誇る情報を人に与え、誤った固定観念からより純粋な知識群の世界への移行を促し、人間の社会を数段高いレベルに引き上げる道具があればどうでしょうか?。axion.zoneはその道具として生まれたものなのです。次の人類へと進化するための術を一緒に築いていきましょう。

人類は著しく進化する

38830745961 34815013db h by gerd leonhard

人類の進化にはいくつかのオプションがあります。ひとつは機械による能力の拡張です。Machine Intelligence(機械知性)を人間とは別のものや敵対的なものとして考えるのではなく、私たちの集合知性と社会を強くする機械について考えることが必要です。いわゆるExtended Intelligence(拡張知性)という考え方です。

もう一つは宇宙へとその活動を拡大していくことです。今世紀中には火星に住む冒険家のグループが存在することになるでしょう。開拓者はサイボーグ技術とバイオテクノロジーを使って「異国」の環境に適応するかもしれません。####

なぜ我々はaxionと名乗るのか。

dark matter by ogunhe-d767qa7 by ogunhe

アクシオン(axion)は存在が予言されながら未発見の素粒子で,わずかに質量をもつと考えられ、ダークマター(暗黒物質)の候補となっています。宇宙の25%を占めるダークマターについて我々はまだわからないことばかりであり、axion以外にもニュートリノなどが暗黒物質の候補に挙がっています。

axionなどの暗黒物質は「得られている観測結果を説明するためになければならない」とされています。axionのあり方は正体は分かっていないが、その性質はおおよそ わかっているというものである。

ぼくたちが未来に対してアプローチするとき、それはダークマターが何かを探求することに似ている時がある。人間はほとんどのことをまだ知らないが、やがて知り、そしてまた知らないということにぶち当たるかもしれない。axionのようなものを仮定することで「予測し探求する」ことこそ、我々の姿勢であり、情報の価値についての基本的な考え方である。

Smartnode

1024px-Network visualisation incorporating sentiment analysis of the subreddit 'skeptic' from Reddit By Wikimediacommons

人間が触れる情報を爆発的に向上させる。 ・Smartnodeを考えるに至る経緯 ・人間同士が交換する情報をよくする ・人間の情報処理でも「分散処理」をしないといけない。 ・個への情報を高度化することで、世界を一気に変えてしまう

You Wanna Post in axion.zone?

Twitter(@taxiyoshida)に簡単な自己紹介とともに執筆希望の旨をDMしてください。

媒体の趣旨については about 欄を見てください。

言語:日英のいずれか

If you would like to post, please contact my twitter account(@taxiyoshida)

Language: English, Japanese