ビットコインはデジタル通貨であり、電子的に作成され、保持されています。誰もビットコインを制御しません。ビットコインはドルとユーロのように印刷されていません。数学的な問題を解決するソフトウェアを使用して世界中のコンピュータを稼動させることで、発行と検証が行われています。

通常の通貨との違いは何ですか?

Bitcoinは物品サービスを電子的に買うために使うことができます。その意味では、従来のドル、ユーロ、円もデジタルでも取引されています。しかし、ビートコインの最も重要な特徴であり、従来のお金とは違うことは、分散しているということです。ビットコインネットワークを管理する単一の機関はありません。これは、大きな銀行が彼らのお金を支配することができないことを意味します。

誰がそれを作成しましたか?

サトシ・ナカモトというソフトウェア開発者がビットコインを提案しました。これは数学的証明に基づく電子決済システムでした。その考えは、非常に低い取引手数料で、多かれ少なかれ瞬時に、電子的に譲渡可能な中央当局から独立した通貨を生産することでした。

誰がそれを発行しますか?

ビットコインに発行者はいません。この通貨は中央銀行によって印刷されておらず、独自のルールを設定しています。銀行は単に国家債務をカバーするためにより多くの資金を生産することができ、したがってその通貨は切り下げられます。

代わりに、ビットコインは誰でも参加できる人々のコミュニティによってデジタルで作成されます。 ビットコインは、分散ネットワークでコンピューティングパワーを使用して「マイニング」されています。

このネットワークはまた、効果的にバーチャル通貨の取引を処理し、ビットコインを独自の支払い(あるいは決済)ネットワークとするのです。

無制限のビットコーンを作り出すことはできないのですか?

できません。 Bitcoinプロトコル(Bitcoinを動作させるルール)は、マイナーによって2100万枚しか作成できないと定めています。しかし、このコインは小さな部分に分割できます(分割可能な最小額はビットコインの100万分の1で、ビットコインの創始者にちなんで「サトシ」と呼ばれます)。

ビットコインの価値は何によりますか?

従来の通貨は金または銀に基づいていました。理論的には、銀行で1ドルと金を取り替えられる仕組みになっていました(実際にはそう機能しなかったが)。しかし、ビットコインは金に基づいていません。それは数学に基づいています。

世界中の人々は、ビットコインを生成するための数式に従うソフトウェアプログラムを使用しています。数式は自由に利用できるので誰でも確認できます。ソフトウェアはオープンソースであり、誰もがそれを見て、それが想定していることを確認できることを意味します。

ビットコインの価値が何に基づいているかには諸説あり、確定した「説明」はまだありません。しかし、それは中央銀行が発行するフィアットカレンシー(法定通貨)のほか、金やダイヤモンドでも同様です。なぜそれが価値を抱いているのかといえば、人々が共同幻想を抱いていることと不可分ではありません。

その特性は何ですか?

Bitcoinには、政府支援の通貨とは別にいくつかの重要な機能があります。

1. 分散化されている

ビットコインネットワークは、1つの中央機関によって制御されていません。ビットコインを採掘してトランザクションを処理するすべてのマシンがネットワークの一部を構成し、マシンは連動します。つまり、理論的には、欧州中央銀行が2013年初頭にキプロスで行うことにしたように、中央政府が金融政策を変更してメルトダウンを引き起こすことはできませんし、単純に人々が保有するビットコインを「取り消しにする」ことはできません。何らかの理由でネットワークの一部がオフラインになっても、お金は流れ続けます。

2.セットアップが簡単

従来の銀行では銀行口座を開設しなくてはならず、それにまつわるさまざまな手数料を課せられ、官僚主義に巻き込まれることになります。ビットコインの場合はアドレスを秒単位で設定することで口座に相当するものを即時に作ることができます。秘密鍵と公開鍵の管理が引き換えになりませすが、あなたの手元に口座を置くことができます。

3. 高い匿名性(?)

一種匿名と言ってもいいかもしれません。ユーザーは複数のビットコインアドレスを保持することができ、名前、アドレス、またはその他の個人識別情報にリンクされません。複数のアドレスを使い分けることである程度の匿名性を確保できます。

4. 高い透明性

ブロックチェーンにはアドレス間の送金の履歴が最初から最後まで保存されており、透明性が確保されています。だからあなたの利用するアドレスの記録は残り続けます。

あなたが公に使用されているビットコインアドレスを持っているならば、誰でもその「アドレス」にいくつのビットコインが格納されているかを知ることができます。

しかし、同じビットコインアドレスを一貫して使用せず、多くのビットコインを単一のアドレスに転送しないなど、ビットコインネットワーク上でアクティビティをより不透明にするための対策があります。

5. 攻撃より採掘を促すエコノミクス

仮にブロックチェーンに対し悪意のアタッカーがいたとします。アタッカーが一カ所のデータを改ざんすることに成功しても他の場所にあるデータは変わりません。ブロックチェーンは常に多数派の取引データを優先する仕組みをとっているため、改ざんされたブロックを含むチェーンは消滅します。

悪意の攻撃者がネットワークの力の過半数を握らない限りは、ブロックチェーンをめちゃくちゃにすることができないのです。

しかも、善意の人たちを圧倒する攻撃には莫大なコンピュータリソースを必要とするのでそもそもそれだけリソースがあるなら、ビットコインを攻撃するより、マイニングする方がするほうが確実にもうかるので、ますます攻撃する理由がなくなります。これはゲーム理論的な極めて難解な問題を解決したと主張されているわけです。

6. トラストレス、無中間者

このやり方は集権的なプレイヤーや第三者を生まない、画期的ものです。既存の金融システムは、二者間で交わされた取引を保証する善意の第三者を必要としています。この第三者のコストを負担するのはあなたです。

ビットコインの仕組みはこの「信用」を必要としません。現代ではバンキング、つまり金融機能を利用する行為は金融機関を介さないで実現することができません。トラストレスというこの概念は破壊的であり、多くの金融機関の必要性に疑問を投げかけてしまうかもしれません。

7. ユーザー自身が鍵を管理

その代わりにビットコインのユーザーはひとつの制約を課せられることになります。それは鍵です。ネットワーク上に「ウォレット」と呼ばれるアカウントを作成すると、そのアカウントは2つの固有の鍵にリンクされます。これは秘密鍵と公開鍵と呼ばれます。

この鍵はあなたが取り返した、自由や独立性を表現していると言って良いのです。渡された「鍵」を安全に保管することで、あなた自身が銀行になれます。

結論: 未来のグローバルカレンシー

日本円やドルとのレートが上がった、下がったと一喜一憂してはいけません。あなたはお金の未来を手にしようとしているのです。

*YouTubeでは動画でデジタル経済の最先端事象を解説しています。チャンネル登録はいかがでしょうか?